真鶴町立遠藤貝類博物館 写真展

写真展 知られざる真鶴の海2021

 相模湾に突き出た小さな半島の町、真鶴。
古くから海とともに歩んできたこの町は、日本のダイビング発祥地のひとつに数えられています。半島沿岸には3つのダイビングサイトがあり、そこに広がる美しい海中風景は、多くのダイバーを惹きつけてやみません。
遠藤貝類博物館の写真展「知られざる真鶴の海」は今年で4回目を迎えます。この写真展では、真鶴の海の魅力を発信するため、ダイバーのみなさんにご協力いただき、真鶴で撮影された海中写真を提供いただいています。海中に広がる青い世界と、そこに暮らす不思議な生き物たちの世界を、ぜひご覧ください。

緊急事態宣言解除に伴い、写真展を開始しました。
展示期間 3月22日(月)〜6月23日(水)

開館時間 10:00~16:30(最終入館16:00)木曜休館(祝日の場合は開館、その場合は翌金曜休館)
展示場所 第4展示室
観覧料  大人(18歳以上)300円  小人(小学生以上)150円  幼児無料
団体(20名様以上) 大人200円 小人100円   真鶴・湯河原町民は町民割引により無料
※通常の入館料でご覧いただけます。

期間中のイベント

オープニングイベント

真鶴の海の生物観察コーナー

磯で暮らすカニやヒトデたちにさわったり、顕微鏡を使ってプランクトンを観察することができます。小さなお子様も参加できます。

2月27日(土) 10:00〜16:00 エントランスホールにて。
入場無料、事前申し込み不要。

→緊急事態宣言に伴う写真展開催日変更により、中止させていただきます。

学芸員による展示解説

2月27日(土)

①10:00~
②13:00〜

博物館受付に集合。
事前申し込み不要。要入館料。

→緊急事態宣言に伴う写真展開催日変更により、中止させていただきます。

協力:岩ダイビングセンター、琴ヶ浜ダイビングセンター、スキューバプロ真鶴、だいびんぐしょっぷ海家、東京フリーダイビング倶楽部、福浦ダイビングサービス、ブルーアース21都立大、特定非営利活動法人法人ディスカバーブルー