真鶴町立遠藤貝類博物館 海の学校

真鶴町立遠藤貝類博物館では、三ツ石海岸を訪れる小学校など団体を対象に、海の生物や自然を楽しんで知ることのできる体験的な学びの場として、平成18年より「海の学校」を開設しました。本物の自然、海で生物を自ら探し、見つけ、触れるプロセスは、子どもたちの学習のみならず、心の成長にもつながる体験となると考えています。

興味も知識もより深めてもらえるように、海洋生物を専門に学んだスタッフがプログラム提供および指導・説明を行い、専門性および安全面を含めて、子どもたちの海での体験学習をサポートします。

開講日月・火・水・金 午前9時〜午後4時(※原則)
その他の時間帯は要相談。
対象小中学校、高等学校、保育園・幼稚園、子ども会等主催の遠足や公民館活動等
実施場所フィールド:真鶴半島 三ツ石海岸
施設:真鶴町立遠藤貝類博物館内、「海の学校」教室、テラス
利用料公立学校等の遠足については入館料減免申請での対応。
その他、旅行会社等の主催するツアーなどは除く。
所在地神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175-1ケープ真鶴2F
問い合わせ先電話・FAX(真鶴町立遠藤貝類博物館):0465-68-2111(午前9時〜午後4時、木曜休館)
メール(真鶴町教育委員会生涯学習課):kyo_shougaigakushu@town.manazuru.kanagawa.jp
所管真鶴町教育委員会生涯学習課
指導担当観察プログラム指導については、下記団体に委託しています。
委託先:特定非営利活動法人ディスカバーブルー

「海の学校」での体験学習で期待できること

(1) 本物の豊かな自然

真鶴半島は、その面積は小さいながらも、先端には貴重な自然海岸が残り、海の生物たちにとって素晴らしい生息環境となっています。単性火山の噴火で形成された真鶴半島は、黒っぽくゴツゴツした頑丈な岩からなる岩礁が、生物たちの生息に適していることに加え、相模湾へ流入する黒潮や酒匂川などの河川水の影響、相模トラフなどの深い海が比較的陸の近くに迫っていることなど、様々な条件が揃い、多様な生物の生息を可能にしています。

海の学校のフィールドである三ツ石海岸は、自然豊かで生物多様性の高いことの価値が認められ、周辺の「お林」と呼ばれる照葉樹林とともに、神奈川県立自然公園の特別地域にも指定されています

(2) 自然体験学習の場としてもすばらしい「磯」

① 見つける→つかまえる→観察する→気づく→次の課題発見

② 工夫・努力しないと生物をつかまえられないが、友達や指導者からの協力やアドバイスでつかまえられたときの喜びを体験する

学習内容、プログラム

  • 磯の生きもの観察

干潮時の磯で生物を探します。潮だまりなどで、カニやヤドカリ、ナマコや小魚など多様な生物を見つけることができます。観察に適した、日中によく潮の引く日(春〜夏の大潮の前後3〜4日程度)が限られていますので、事前の日程の調整が必要です。

  • ビーチコーミング
  • 海岸で漂着物として打ち上がったものを集めて観察します。近くの海の貝殻や海藻などはもちろん、その他、もっと深い海からのもの、周辺陸地からのもの、遠く南方や海外のものなど集めて観察することにより、さまざまな発見をすることができます。通年できます。
  • プランクトンの観察

岩漁港や真鶴港など町内で採集したプランクトンを顕微鏡で観察します。
プログラムによっては、あらかじめ採取したプランクトンを観察します。

  • その他

教室備え付けの図書・図鑑や、博物館の標本、顕微鏡等使って自分たちで調べることもできます。夏休みの自由研究などにも利用してください。