カテゴリー: ニュース

ウメボシあり〼

 「写真展・知られざる真鶴の海」、好評いただいています。来場いただいたみなさま、どうもありがとうございます。貝博リピーターの方はすでにお気づきかと思うのですが…この写真展、少しづつ変化しています。先日フロアに登場したのは、実物大のダイバー人形。

そして彼が構えるカメラの先には…ウメボシイソギンチャク。真鶴半島では県の天然記念物にも指定されているウメボシイソギンチャクですが、見たことない方も意外と多いのではないでしょうか?触手を伸ばして赤く咲き乱れる姿は見事ですよ。そして縮んだ姿はまさしく南高梅。大玉でちょっと甘めのやつ。

おもしろいことに、水槽には大きい個体しか入れなかったはずですが、いつの間にやら小さい個体が並んでいます。どうやら大きい個体が子供を産んだ模様。いや、産んだというより吐き出したというべきでしょうか。運が良ければその瞬間に立ち会えるかもしれません。

 写真展はそろそろラストランに入ります。ウメボシ君たちと真鶴の海中世界、お見逃しなく!

「写真展 知られざる真鶴の海」開催中!

ブログでの報告が遅くなりましたが、現在、貝博では「写真展 知られざる真鶴の海」を開催しています。
真鶴は海の町。海辺には多くの人が訪れます。太陽を浴びてキラキラ輝く海は、誰でも見とれてしまう美しさです。さて、みなさんは、その海面の下、海中にどんな光景が広がっているかご存知ですか?そこには無数の生き物が暮らす青い世界があるのです。というわけで、この写真展では、真鶴の海の中に広がる魅惑の世界を、ダイバーによる水中写真で紹介しています。写真の被写体をちょこっとだけ紹介しますと…金色の海藻の林、ブリの群れ、漁礁を彩るソフトコーラル、巨大なマンボウ、青に溶け込むダイバーの姿…などなど。この全てが真鶴の海で撮影されたということに、誰もがビックリするはずです。真鶴の新たな一面にきっと気づかされることでしょう。ぜひご来場ください。展示期間は5月のゴールデンウィーク明けまでです。

写真展で使用している写真は、「真鶴の海の魅力を広く伝える」という趣旨に賛同してくださったダイバーの方々から、無償で提供いただいています。60名もの方が協力くださいました。心より感謝いたします。
写真は準備を手伝ってくださったサポーターズの方々です。いつもありがとうございます!

きらりと光る⭐︎貝のクラフトキット!

日本全国の、いや、世界中の貝磨きファンのみなさま、お待たせしました!このたび貝博では、「きらりと光る貝のクラフトキット」を製作いたしました。キットの中には、ワークショップでも使用したアワビの貝チップが入っています。これを同封のヤスリで磨き上げ、穴にストラップを通せば…真珠のようにキラキラ輝くキーホルダーのできあがり。ストラップの代わりにチェーンや革ヒモを付ければ、ステキなネックレスにもなります。貝チップは一つ一つ形や模様が違っています。自分好みのものを選んで、世界で一つのオリジナルアクセサリーを作りましょう。

キットの販売に合わせて、貝博でも作業できるスペースを作りました。ご家族で楽しんでいただくこともできますので、受付で声をかけてください。仕上げ磨きも受付で引き受けますよ。もちろん、ご自宅に持ち帰って貝磨きを楽しんでもOK、プレゼントにもバッチリです。持ち帰る場合は、同封の説明書にある手順と注意点をよく読んでくださいね。

「きらりと光る貝のクラフトキット」は、貝博でしか手に入らないオリジナルグッズです。この不思議な輝きを、ぜひ貝博で体験していってください。